2011年06月10日

方向や到着点を表す助詞には、かつては地域によって「へ」「に」「さ」のいずれかが使われていた。関東では「坂東さ」と言われたように「さ」が主力だったが、今ではほとんど使われなくなった。残った「へ」「に」は、方向や到着点に関しては、使い分けがはっきりしなくなった。がしかし、「へ」に新たな意味や用法が加わったわけではない。

先日電気料金の検針の際、東京電力から「節電へのご協力のお願い」なる文書が届けられた。「節電のお願い」で十分なところだが、契約者に節電を要請するには少しは丁寧にしなければと思ったのだろうか。しかし殿様は下々の言葉遣いを知らないから、「節電にご協力お願いします」を見出しらしく名詞止まりにするときに、「に」を「へ」に変えたものだろう。

言葉は心の窓である。相手を思いやる心があれば、それは如実に言葉になって出てくる。殿様が領民にどうこうしてくれとお願いすることはこれまで無かったことだろうが、そうしなければならない立場に追い込まれたときには、領民の立場に立って、心を込めて言葉にすれば、言われた相手も快く受け入れるだろう。



posted by シャノワール at 17:21| Comment(0) | 誤用誤読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

ヒストリー

昨日に引き続きTBSテレビの番組「ザ・今夜はヒストリー」にもの申す。なぜ「今夜は歴史物語」とか「歴史夜話」のような日本語でないのだろうか。「ヒストリー」は英語の history の日本語式発音で、歴史の意味だろうが、番組の構成は歴史物語だ。いわゆるゴールデンアワーの番組だから、視聴者を最後まで引き付けておこうと、物語要素が大勢を占める。

それはそれでよい。なぜなら何事かの歴史を語ることは、物語そのものだからだ。だからこそ「今夜は歴史物語」とか「歴史夜話」のような日本語で、物語性を陰に隠すことなくやるべきだった。history はギリシャ語の historiai からで、英語の history と story の両方の語源だということも参考になろう。スペイン語では、同じ語源の historia が歴史と物語の両方の意味を持ち、イストーリャに近い発音である。Historia de Tango という映画だったか芝居だったかがあったが、これは「タンゴの歴史」ではなく、「タンゴ物語」と訳された。

昨日は「ザ」に関してTBSに苦言を呈したが、同じ番組名でまたもや苦言を呈する。大和言葉であろうと漢字言葉であろうと、立派な日本語があるものに、あえて外来語を使って意味を曖昧にする必要はない。言語を道具とし、時には武器として報道に携わる人たちは、視聴者に先んじて日本語をさらに洗練し、磨き上げていくことを使命として肝に銘ずべきだ。



posted by シャノワール at 08:55| Comment(0) | 外来語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

私はダイソーの商品が好きで、よく利用する。店に入ると、上のほうに「ザ・○○」と至る所に書かれているのが目に入る。経営者の言語感覚かイメージ戦略の為さしめるものだろうと、あまり問題視していなかった。本当は「ザを取ったほうがいいですよ」と忠告したいところだが、こういう日の出の勢いの企業の経営者は、あまり人の忠告を好まないものだ。

しかし今日は腹が立った。立腹の原因は、TBSテレビの番組「ザ・今夜はヒストリー」だ。「ザ」も変だし「ヒストリー」も可笑しい。ここでは「ザ」についてだが、多分英語の定冠詞 the のつもりだろう。そもそも、こういう舌を噛む音は日本語に存在しない。無いものを無理に真似して発音しても、日本語を母語とする日本人には別の音として理解される。coffee をコーヒーと受け止める類いだ。それでは英語を母語とする人たちの発音する th は、日本人にはどう聞こえるだろうか。

ドイツ生まれで後に米国の国務長官になったキッシンジャーさんがアメリカ議会やテレビなどで th をどう発音したかが参考になる。彼は this, that を dis, dat と発音したのだ。それを議員や聴衆も全く問題なく理解した。つまり th は、t, d に近い音なのだ。英米人の猿真似をして笑われるよりも、the のつもりなら da と発音し、ダと書けばよい。そんなことよりも、日本語には冠詞がないのだから、「ザ」なんて必要ない。

TBSの番組関係者たちは、「猿真似」と言われて猿扱いされても腹が立たないのだろうか。私なら、腹を立てる前に反省して改める。TBSがそうするかどうか分からないが、願わくはもっと日本語を愛して欲しい。テレビやラジオの放送局は、重要で強い影響力を持つ言語の担い手なのだから。



posted by シャノワール at 20:37| Comment(0) | 外来語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。