2011年06月21日

パナソニック

外国語を店や会社の名前に使う場合、しっかりした知識があって、かつそうすべき理由や根拠があれば、それはそれでよい。松下電器と松下を名乗るグループの会社名をパナソニックとするには、それなりの苦渋の決断だったと推察する。しかしナショナルではなく、同社の高級音響製品に限って使われていた商品名を選択したのは、製品と意味の違いが大きく、誤った決断だった。

パナソニックのパナは、ギリシャ語パンの連結形と思われる。パンドラ「全てを与える」、パンナム「全アメリカ」のパンは「全て」を意味する。ソニックはラテン語の「音」の形容詞で、スーパーソニックなら超音速だ。パナソニックと初めて聞いた欧米人は「全ての音の」と理解し、これは音響関係の会社だと判断する。つまり音とは異なった分野の電気製品は、専門外だと誤解されても仕方がない。

Quattro Angelo in the Garden という店名のレストランがある。Quattro と Angelo はイタリア語で、「4」と「天使」の意味だ。in the Garden は英語で、「庭に」の意味だから、好意的に解釈すれば、「庭に四天使のいるリストランテ」ということになろう。がしかし、イタリア語と英語のチャンポンも妙だが、もっと可笑しいのは「4人で1人の天使」だ。パナソニックを音響専門の会社と誤解するように、この店の主や料理人は、本場で修行したような顔をしているが、イタリアでもアメリカやイギリスでも修行していないと断定される。

「名は体を表す」という言い習わしがあった。会社や店の名前をおいそれと変えるわけには行くまいが、いざ変えようというとき、間違っても、誤解を与えるような名前をつけるべきではない。



posted by シャノワール at 22:01| Comment(0) | 固有名詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。